鳥取県米子市・境港市|島根県安来市・松江市 新築を建てるなら米子の岩崎組へ 高性能住宅”FPの家”を始め、家曳き、家揚げ、不同沈下修正工事など様々な建物の問題を解決します

地盤調査・補強

  • HOME »
  • 地盤調査・補強

地盤調査の匠 岩崎組におまかせください

「利便性」・「経済性」に優れた調査方法「スウェーデン式サウンディング試験」を用い、地盤の硬軟を計測致します。 計測結果と地形条件や土地の旧暦等も考慮の上、岩崎組が誇る、1級地盤調査技士達が総合的に解析を行っていきます。 岩崎組はよりよい地盤環境にして頂けるよう情熱的に調査致します。

地盤調査豆知識

「スウェーデン式サウンディング試験」って何?
ロッドと呼ばれる鉄管の先端にスクリューポイントと呼ばれる円錐形の錐(きり)をつけて、地面に差し込んで行きます。 そして段階的に100kgまでの鉄の重りを載せた時の沈み具合を測定致します。もしもロッド(鉄管)が下がらない場合は、 ハンドルをつけて回転させながら差し込んで行きます。その回転数を25cmごとに最大10mまで記録致します。 「スウェーデン式サウンディング試験」とは特に浅い部分でより詳しいデータをとることが可能なので、「利便性」・「経済性」 に優れた調査方法といえるでしょう。

試験・測定記録を正確に自動化

■貫入ロッドの回転数計測、自沈検出と荷重変更250、500、750、1000N(25、50、75、100kgf)を自動制御。データの記録ミス、事務所での転記、打込みミスがなく、試験の信頼性を高めます。

正確・迅速なデーター処理を実現

■試験データのプリント出力により現場での結果確認もできます。
■貫入試験結果表示ソフト“Gグラフ”を使用して、試験結果のグラフ表示、警告書の作成を素早く行います。

  基礎使用の選定フロー

地盤補強の方法

軟弱地盤やバランスの悪い地盤の効果的な補強方法(標準基礎+補強工事)

表層地盤改良
基礎の下に厚さ1m程度の土と固化剤を混ぜて、人工的に硬く均一な
地盤をつくります。
この工法は土と固化剤を混ぜた後、重機で転圧し、地盤を締め固めます。
この時に手を抜くと良い地盤はできません。表層地盤改良は念入りな
転圧が命です。

 

柱状改良(ソイルコラム工法)
土とミルクセメントを混ぜ合わせ、土の中に電柱の2倍ぐらい(約
40~80cm径)の柱状体をつくります。
太く大きな柱なので、その摩擦抵抗により、家を支えます。
土とミルクセメントをいい加減に混ぜ合わせると、まともな
柱状体ができません。柱状改良は丁寧な攪拌が命です。

 

小口径鋼管杭
硬い層まで、約10~20cm径の鋼管杭を打ち込みます。杭は硬い層に
突き刺さり、確実に家を支えます。
この工法は中途半端な施工で杭が硬い層に届いていない場合は、
まるで効果がありません。杭は支持地盤が命です。

 

 

● GRRシート工法

「GRRシート工法」とは、所定の厚さを有する砕石地業中に「ジオテキスタイル」を敷設することで、「砕石地業による地表面付近の剛性補強効果」と「シートによる砕石層の変形拘束効果」により、地盤の支持力効果を最大限に発揮することができる最新技術です。

一般的な地盤改良工法と違い、特殊な技術を一切必要としないため、狭小地での利用に優れ、建築物の解体撤去後には、地中埋設物が発生しないというメリットがあります。

「ジオテキスタイルシート」の特徴
・地盤固化材を使用しないため、環境に対する汚染を生じません。
・施工に伴う振動や騒音が小さいため、周囲環境に配慮できます。
・シートの敷設位置が建物基礎の直下にあることから、建設機械の稼働時間が削減されます。
・シートは、「ポリプロピレン100%」のため、建物解体時には焼却処理が可能です。

「GRRシート工法」の特徴
・工程数が少なく、すべて目視で確認できる工法のため、施工管理が確実にできると共に工期が短縮。
・周辺環境に対しての汚染防止、施工時の騒音や振動などの影響を与えません。
・施工において、重機を使用しないため、狭い場所でやアプローチに段差のある敷地でも施工が可能。
・一般的な基礎値入深さ程度で地盤補強が図れるため、文化財埋蔵地等での施工も可能。
・使用する材料の品質が、長期にわたって安定。

お電話でのお問合せ TEL : 0859-33-1954
お気軽にお問い合わせください!

Count per Day

  • 50148総訪問者数:
  • 2015年3月18日カウント開始日:

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 株式会社岩崎組 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.