自分にあった住宅ローンの選び方とは?~金利で選ぶ住宅ローン~

家づくりコラム

こんにちは、岩崎組です。
多くの人が利用する住宅ローン。「どこの住宅ローンがお得なのか、何を基準に選べばいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。


住宅ローンの金利は、大きく分けて次の3つのタイプに分類できます。
・変動金利型
・全期間固定金利型
・固定金利期間選択型
一つずつ簡単にご説明しますと…
変動金利型
住宅ローンの金利が市場金利に応じて変動する「変動金利型」は、半年ごとに金利の見直しが行われます。メリットは市場金利が下降期になり下がれば低金利、しかし契約時に今後の返済額が確定しないので、常に金利動向を読む必要があり返済プランを立てづらいのがデメリットです。

全期間固定金利型
住宅ローンの金利タイプ「全期間固定金利型」は、市場金利の変動に関わらず、借り入れ時に定めた金利が返済完了まで変わりません。金利が一定で返済計画を立てやすいのですが、金利設定は比較的高めとなります。

固定金利期間選択型
3年、5年、10年など、一定期間の金利を固定。固定期間の終了時に、その後の金利タイプを選ぶことができます。定期的に金利が見直せるのがメリットですが、固定期間中に金利が下がった場合は損となります。

住宅ローンの種類には、
主に、「山陰合同銀行https://www.gogin.co.jp/personal/loan/housing/
鳥取銀行https://www.tottoribank.co.jp/retail/loan/home/index.html
JA共済https://www.jabank.org/loan/myhome/
労金や信用金庫などの
民間住宅ローン」と住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した「フラット35」があります。
「フラット35」は金利がずっと変わらない全期間固定金利型。保証人不要、繰上返済手数料不要です。


返済計画について…
新築される場合多くの方が住宅ローンを利用し30年や35年といった返済計画のもとで借り入れを行います。借り入れの計算はご夫婦の世帯年収から計算することが多く、そこから借り入れ可能額とご自身の準備金(事前預貯金)のバランスをみます。
借入する金融機関によって金利の種類や借入条件住宅ローンの商品プランは異なりますので、借入先の比較検討をされるといいと思います

実際どれだけの借入が可能なのか、頭金なしでも大丈夫かなどご不安に思う点もあるかもしれませんが、岩崎組スタッフが親身に対応致しますので、お気軽にご相談ください。