【住まいのお役立ち情報】ZEH(ゼッチ)住宅とは?導入のメリットについて

家づくりコラム

こんにちは、岩崎組です。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?
省エネ住宅と太陽光エネルギーの効果を組み合わせて「住まいの年間一次エネルギー消費量」を正味(ネット)でゼロ以下にする住宅のことです。
つまり断熱性能+創るエネルギーを活用することで、家庭で使う電気などの消費エネルギーをまかなえることができます。

ZEHのメリット
家計にやさしい
高い断熱性能や高効率設備の利用により、月々の光熱費を安く抑えることができます。さらに、太陽光発電等の創エネについて夜間の電力消費に活用したり、売電を行った場合は収入を得ることができます。
健康・快適な住まい
高断熱の家は、室温を一定に保ちやすいので、夏は涼しく、冬は暖かい、快適な生活が送れます。さらに、冬は、効率的に家全体を暖められるので、急激な温度変化によるヒートショックによる心筋梗塞等の事故を防ぐ効果もあります。
防災・減災性能
台風や地震等、災害の発生に伴う停電時においても、太陽光発電や蓄電池を活用すれば電気を使うことができ、非常時でも安心な生活を送ることができます。

政府は2030年までに新築住宅での標準化を目指しており、ZEH住宅には国から補助金が交付されます。
補助金を活用することで経済的にZEH住宅を建てることができますが、住宅のタイプによって申請できるものが異なります
岩崎組ではZEH住宅の補助金を活用する場合、地域型住宅グリーン化事業のゼロエネルギー住宅型(R3年度 1戸あたり最大140万円)の申請を行っております。

住宅を購入するなら『ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)』が当たりまえという時代がすぐそこまで来ています。岩崎組ではZEHに対しても積極的に取り組んでおります。
私たちと一緒に未来の暮らしを考えてみませんか。