【もっと知りたい「FPの家」】気密性能を高めるメリットとは?

家づくりコラム

こんにちは、岩崎組です。
今回は弊社が提供する「FPの家気密性能についてお話しします。

昔の家は低かったため、暖房で暖められた空気もすき間から出ていき、いつまでも寒いままでした。寒い家は健康にも影響し、暖房費も余計に掛かります。
さらに結露も起こりやすく、カビなどの発生にも…。

高性能ウレタン断熱パネルが標準仕様の「FPの家」なら、断熱性に加え気密性も高いため、部屋ごとの温度ムラや隙間風が極めて少なく、快適で経済的な空間を実現します!

家の中の空気をキレイに!
隙間だらけの家では空気が抜けてしまい流れていかないため、汚れた空気を排出できません。つまり、計画した場所以外に空気の抜け道をつくらないことが、「換気」を効率的に働かせるポイントです。

少ないエネルギーで家中快適
冷暖房費の高騰の他に、気密性の低い家は「結露も引き起こします
湿気(水分)を含んだ断熱材は劣化し、重さでズレ落ちてしまうこともあります。そうなれば、断熱効果は十分に発揮されず、部屋を暖めるための光熱費が余計に掛かってしまうことになってしまいますね。

住まいの経年劣化を防ぐ
家の気密性能を高める目的のひとつは、木を腐らせてしまう「壁内結露を防止することです。湿気を排出して結露を防ぎ、住まいの経年劣化を防止して、いつまでも丈夫な住まいを保ちます。

住まいや体も健康に保つためには、高断熱だけじゃなく、高気密な家であることが大事です。