【岩崎組】山陰の気候に合わせた家づくり

家づくりコラム

こんにちは、岩崎組です。
山陰は雨がよく降り、夏は湿度が高く蒸し暑い。冬は雪が降り気温が低い寒い地域です。

データによると山陰地方は日照時間が短く、雨や雪が多いのです。

弁当忘れても傘忘れるな!”という格言があるくらいです。

冬がそれなりに寒い山陰における住まいづくりで重視されるポイントは、住宅の気密性断熱性です。

また雨の日が多いということは、洗濯物を外に干せない日が多いということです。そこで困るのは洗濯ものを干す場所です。山陰の住まいには、洗濯物を干せる専用室があると便利です。

また通風・湿気対策として、開口部を計画的に設けて通風を工夫することがポイントとなります。冬でも明るい家に住めるように、東・南の陽光を積極的に取り入れる土地選びや建物の配置を工夫したり、北側の窓には断熱性を高め冷気対策をすることで、冬でも部屋を明るく保つことができます。

弊社が取り組む高気密高断熱住宅「FPの家」は、快適かつ幸せな生活を提供させて頂くため、夏涼しくて冬暖かく、耐久性・遮音性に優れ、省エネルギーな家づくりを実現。

心地よさ強さ便利さこだわりなど、いくつもの想いが”プラス”できる家づくりを目指しています。

地元に根差しているからこそ、山陰の気候風土に適した住まいづくりをご提案することができるのです。